2020年 2月 28日 (金)

ファン出資でソロライブ実現! 声優・平山笑美が見せた「恩返し」と「未来図」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

ファンが「出資」を惜しまない理由は

   なぜ安くはないお金を出してまで、ここまで応援と熱意を伝えようとするのか。応募したファンに話を聞くと、演技や歌唱力のみならず、人柄も好きになって、もっと平山さんを応援したくなったという話がいくつか聞けた。そして、

「もっとこの人の歌を聴きたい。絶対成功させなくてはと思って」
「ぴらみさん(平山さんの愛称)の夢がかなえられるのなら、なんでもやりたいと」
「手助けができるのなら、と。ゲームの役よりももっと色々な歌声が聴きたいので。後悔はなかったです」
「ぴらみさんの次のステージを見せてあげたい」

など、技量と人柄に魅かれたファンの存在がうかがえる。それゆえ会場のキャパシティも「はじめは数十人くらいのこじんまりしたものかなと」イメージしていたという平山さんも予想もしなかった、1000人規模のライブハウスになった。

   舞台挨拶で平山さんは、

「今日から第一歩ということで、皆さんにいただいたこのチャンスで、楽しんでいきたいなと思っています」
「2日間ライブがありますので、泣かないように、がんばらせていただきます」

と語った。この後、2日間のステージでも平山さんが繰り返し口にしていたのが、「第一歩」。ソロライブは決して到達点ではなく、応援してくれる皆のためにこれからも歌い続けていきたい――その決意を固くしているかのようである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中