2020年 8月 13日 (木)

復活のロマゴン、井岡と「7月・日本」統一戦も 実現なら「7年越し」の一戦

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンザレス(32)=ニカラグア=が、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=との王座統一戦を示唆した。

   ニカラグアの現地メディア「LA PRENSA」が報じたもので、ロマゴンは井岡との統一戦について「おそらく7月に行われる」と話しており、日本での開催を希望している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「井岡と王座統一戦を行うことを考えています」

   ロマゴンは2月29日にWBA世界スーパーフライ級スーパー王者カリド・ヤファイ(英国)に挑戦し、9回TKOで王座返り咲きに成功した。関係者の間では、スーパーフライ級では体格的に限界とささやかれ、オッズも王者有利を示していた。そのような状況でロマゴンは右ストレート一発でヤファイをキャンバスに沈め、周囲の声を封じ込めた。

   ロマゴンはかねてからベルトを奪取した際には、王座統一戦路線を進むことを明言していた。現在、他団体のスーパーフライ級は、WBCがフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)、WBOは井岡、IBFはジェルウイン・アンカハス(フィリピン)が王者に君臨し、いずれの王者と対戦しても好カードになる。

   現地メディアに対してロマゴンは「私のチームと話をし、井岡と王座統一戦を行うことを考えています。最終的にすべてが変わる可能性はありますが、おそらく7月に行われる」と語っている。今後、2週間ほど休養を取り、体重を57キロから58キロ程度に抑えながら次戦に備えるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中