2020年 9月 30日 (水)

生放送で「激しく口論」 古市憲寿氏と伊藤隼也氏、「とくダネ!」で対立

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   新型コロナウイルス問題を扱った情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏と医療ジャーナリストの伊藤隼也氏が、激しい口調で言い争う場面があった。

   視聴者からはツイッターで、「口論やばすぎ」といった感想が寄せられている。

  • 「とくダネ!」でのバトルが話題に(フジテレビ公式サイトより)
    「とくダネ!」でのバトルが話題に(フジテレビ公式サイトより)
  • 「とくダネ!」でのバトルが話題に(フジテレビ公式サイトより)

「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し...

   2020年3月12日朝放送の「とくダネ!」は、WHOによる「パンデミック(世界的な大流行)に相当する」宣言を受け、東京五輪・パラリンピック開催の是非などの問題を取り上げた。開催問題について伊藤氏は、グローバルな影響や「日本人が何を共有するか」を考える必要があり、そのためには「現実のリアルなデータが出てこないといけない」として、「無理だったら撤退するのも世界のためになると思っている」と述べた。

   ここで、番組の「スペシャルキャスター」でもある古市氏が、

「でも伊藤隼也さんがデータとか言っても、ちょっと何か信じられないのは、なんかインフルエンザワクチンとかにも反対してるじゃないですか」

と「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し、以降、次のような反論と再反論のやりとりが続いた。

伊藤氏「僕はインフルエンザワクチンには反対してないです」
古市氏「でも、それは...」
伊藤氏「僕がこういう場でインフルエンザのワクチンに反対してるって言ったことがないので」
古市氏「ツイッターで言ってましたよね?」
伊藤氏「ツイッターでインフルエンザのワクチンに反対してる、とは言ってません」
古市氏「効果がないってことを言ってましたよね?」
伊藤氏「僕がやらないと言ってるだけです」
古市氏「効果がないって言ってましたよね?」
伊藤氏「効果がないとは言ってないです」
古市氏「ちょっと伊藤さんの言うデータ、科学的っていうのは、ちょっと分かんないんですけど...」

と、ここまで、新型コロナではなく「インフルエンザワクチン」に関するやりとりが繰り広げられた。この間、互いに相手の発言が終わるのを待つことなく、発言後半から反論・質問を始めるという、緊迫感のある展開となっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中