2020年 3月 29日 (日)

「ムエタイで大量感染」の背景 会場は熱気が「渦を巻く」日本のK-1などは...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タイの国技とされるムエタイの競技場で新型コロナウイルスの集団感染が起こった。タイの地元紙「バンコク・ポスト」によると、ルンピニ・ボクシング・スタジアムで行われたムエタイの試合後に選手やトレーナー、観客による集団感染が起きた。

   その後も感染は広がりをみせ、23日までに感染者は100人を超えたという。タイ国内では24日午前10時の時点で827人の感染が確認されている。

  • タイ国政府観光庁公式サイトより
    タイ国政府観光庁公式サイトより

「熱気が渦を巻いて迫ってくるという感じです」

   ルンピニ・ボクシング・スタジアムは、ラジャダムナン・スタジアムと並んでムエタイの「聖地」とされる。スタジアムは最大9500人が収容可能で、週末の興行は国内外から多くの観客が詰めかけスタジアムを埋め尽くす。集団感染が起こったのは3月上旬の週末の興行とみられ、スタジアムに数千人単位の観客が詰めかけたようだ。

   ムエタイでは会場内で賭けが行われ、観客の熱狂度は他のスポーツとは一線を画す。なかには紙幣を握りしめながら声援を飛ばす観客もおり、会場は熱気に包まれ怒号が飛び交うこともある。タイでボクシングの興行を手掛けた経験を持ち、ルンピニ・ボクシング・スタジアムでムエタイを何度も観戦したという協栄ジムの金平桂一郎会長(54)は、屋内の大規模興行の危険性について次のように言及した。

「ルンピニはリングサイドに国内の芸能人や政治家、海外のお客様用のVIP席が設けられ、賭けを行う一般の観客はスタンド席で観戦します。私が観戦した当時は会場の換気が悪く、とても蒸し暑かったです。賭けをする、しないに関わらず観客の声援はすさまじく、熱気が渦を巻いて迫ってくるという感じです。しかも屋内で観客は密集しています。残念ながらウイルスに感染する条件が多くあったと思います」

日本ではK-1開催が波紋

   ルンピニ・ボクシング・スタジアムでムエタイの試合を開催するプロモーターは、ボクシングのプロモーターを兼務していることが多く、金平会長と親交のあるタイの大物プロモーターも数多くの興行を手掛けているという。金平会長によると、ルンピニのプロモーターは以前から海外からの観光客誘致に積極的だったという。

「ルンピニは10年以上前から海外の観光客の誘致に取り組んでいました。プロモーターは観光客用のシートを作り、日本や欧米から多くの観光客がスタジアムを訪れていました。当時から観光名所となっていましたし、今でも海外から多くの観光客が足を運んでいると思います。スタジアムでこれだけ感染者が出ていますので、海外からの観光客に感染者が出ていないか心配ですね」(金平会長)

   国内では22日にさいたまスーパーアリーナで格闘技イベント「K-1 WORLD GP」が開催され、主催者発表によると6500人の観客が会場を訪れた。政府と埼玉県は主催者に対して事前に開催の自粛を要請したものの、主催者が大会の開催に踏み切ったことで波紋を広げた。また、4月末までの国内での興行を自粛している日本プロボクシング協会は、5月以降の通常開催を目指して準備を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中