2020年 12月 4日 (金)

レンタルビデオ店員「三密、守れるはずない」窮状 客は倍増、出勤拒否の動きも...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの中でも働く人の中で、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」人はいますか――J-CASTニュースがネット上で情報を募ったところ、際立って多くの「SOS」が寄せられたのが、DVD・ビデオレンタルショップの従業員だという人々からだった。

   すでに「ゲオ」については報じたが、DVD・ビデオレンタルショップ大手の1つ「TSUTAYA」でも、その多くが短縮営業に留まっており、普段より来客が増えたとして店員らから悲鳴が上がっている。

   TSUTAYA側は、「お客様と従業員の健康が最優先」と強調し、感染防止策を徹底するというが、不安や心配は払しょくできるのだろうか。

  • 感染防止対策を発表したTSUTAYAの公式サイト
    感染防止対策を発表したTSUTAYAの公式サイト
  • 感染防止対策を発表したTSUTAYAの公式サイト

外出自粛なのに...客数が倍増の店も

   レンタルショップの店員だとする人々からは、J-CASTニュースが2020年4月15日に情報提供フォームのURLをツイッターで紹介したところ、ゲオと同様にライバルのTSUTAYAに関しても16、17日ごろを中心に多数の声が寄せられた。

   外出自粛による「巣ごもり生活」をする人々が続々と来店することに対し、感染拡大などの危険を訴える内容だ。

「私は埼玉県のTSUTAYAで働いている者です。緊急事態宣言が出てからというもの、外出を控えるためか、客数が倍増するようになりました」

   アルバイトをしているという男性は、事実上自粛されておらず矛盾を抱えた店の現状をこう訴えた。

「会社的には売り上げが伸びて嬉しいニュースかと思いますが、このご時世そんな事を言っている場合では無いと思うのです。店内は家族客やご年配のお客様、若者でごった返しています。三密なんてとてもじゃないけど守れるはずがありません」

   あまりの忙しさで掃除や除菌をする時間もできず、店内は不衛生な状態が続いているとこの男性は言う。

   その結果、出勤拒否する店員も数人おり、店が回らなくなっていると訴える。「それを把握していながら、会社は営業をやめようとしません。レンタル屋のシステムだとお客様、スタッフどちらかがコロナにかかってしまうとあっという間に広がってしまうと思います」と会社に休業を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中