2020年 7月 9日 (木)

あの「チー牛」について、すき家に聞いてみた ネットでなぜか流行語化

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   あなたは「チー牛」というワードを知っているだろうか。

   「チーズ牛丼」の略語であるこの言葉、ネット上では1枚のイラストとともに、なぜだか「イケてない」人物を指すネット流行語として定着しつつある。

   なぜチー牛? その拡散の経緯、そして実際にモチーフになったと思われるメニューを展開している牛丼チェーン「すき家」の受け止めを、J-CASTニュースが取材した。

  • 「チー牛」で画像検索を行うとこのようなイラストが出てくる
    「チー牛」で画像検索を行うとこのようなイラストが出てくる
  • 「チー牛」で画像検索を行うとこのようなイラストが出てくる

発端はネットで出回っているイラスト

   きっかけとなったのは、ネット上で出回っているとあるイラストだ。地味な眼鏡をかけ、セットした様子のない黒髪、ちょっと突き出気味の口元――という、いかにもちょっと冴えない様子の若い男性。そんな男性が、「すいません、三色チーズ牛丼の特盛りに温玉付きをお願いします」と注文を行っているというものだ。

   このイラストの男性やその注文の内容から、ツイッターや5ちゃんねるなどのネット掲示板では、「イケてない人」やその容姿を象徴するワードとして「チーズ牛丼」と「チー牛」が使われている。

   SNS分析ツール「Social Insight」で「チー牛」または「チーズ牛丼」を含むツイートの数を調べると、ピークを迎えた6月4日ではこの1日だけで1万2000件以上の投稿を確認できる。その注目度からか、「チー牛」は4日から11日までワード募集を行った「ガジェット通信 ネット流行語・アニメ流行語大賞2020上半期」にもノミネートされている。

   その用法や意味は、いわゆる「陰キャ」という言葉に近い。こちらは引っ込み思案で内気な人を指す言葉で、時にネット上などでは他人を「地味でイケてない人間だ」としてレッテルを貼る際にも用いられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中