2020年 11月 28日 (土)

都知事選の投票所に「鉛筆持参OK」 コロナで特例?ボールペンは?選管に聞いた

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   選挙戦に入った東京都知事選でも新型コロナウイルス感染症への対策が求められている。

   都選管の知事選特設サイトには、対策の報告や有権者への「お願い」などが載っており、投票所でのマスク着用のほか、「有権者が持参した鉛筆を使用することができます」との記載がある。ボールペンでも大丈夫なのか、そもそも従来の選挙では筆記具の「持参」は可能だったのか、都や都内のいくつかの区市町村の選挙管理委員会に確認した。大枠ではほぼ同様の対応だが、微妙な表現の違いも見受けられた。

  • 筆記具は持参する?(画像は、2016年4月に都内で行われた18歳選挙権啓発イベントでの模擬投票風景)
    筆記具は持参する?(画像は、2016年4月に都内で行われた18歳選挙権啓発イベントでの模擬投票風景)
  • 筆記具は持参する?(画像は、2016年4月に都内で行われた18歳選挙権啓発イベントでの模擬投票風景)

総務省も「持参した筆記具を使用させること」に言及

   都知事選は2020年6月18日告示、7月5日に投開票される。都選管の都知事選特設サイトをみると、投票所での「感染・まん延防止」への取り組みを報告している。

   実施する対策としては、投票所や期日前投票所にアルコール消毒液を設置することや、投票所スタッフらのマスク着用、投票所内の換気(常時開放や定期的な実施)などを挙げている。有権者への「お願い」では、投票の際のマスク着用や来場前・帰宅後の「手洗い等」、周囲の人との「距離の確保」に触れている。

   また、投票の際に候補者の名前を書く時に使う筆記具については、次のように報告している。投票所では、記載台や(各選管が用意した)鉛筆など「不特定多数の方が触れる箇所は、定期的に消毒を実施」。また、「有権者が持参した鉛筆を使用することができます」と、持ち込みも可能だとしている。

   選挙の投票と新型コロナ対策や筆記具対応については、総務省が3月4日に各都道府県選管に出した通知(技術的助言)でも、「持参した筆記具を使用させることなど(略)選挙人(編注:有権者)の不安感を解消できるような工夫について積極的に検討すること」と指摘していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中