2020年 9月 24日 (木)

「買い占め」する人に、がん経験者が「知ってほしい」こと...その医療用品で命を繋いでいる人がいる!

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   新型コロナウイルス禍で「買い占め」行為が繰り返されている。ドラッグストアなどでは、うがい薬やガーゼの品切れが相次いだ。だが、誰かが不必要に買い占めた物を、医療上いつも必要としている人がいたら――? そんな現実があることを、1人のユーザーがツイッター上で訴えた。

   「健康な人が買い占めた商品を何年も必要としながら、命を繋いでいる人が居る」。3つのがんを経験し、手術と入退院を繰り返している「KAKO」(@isinnkodesu)さん(55)。2020年8月6日、身の回りで起きた買い占めへの率直な思いを、4ページの漫画でつづった投稿に反響が広がっている。

  • 投稿した漫画の1ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
    投稿した漫画の1ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の2ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
    投稿した漫画の2ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の3ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
    投稿した漫画の3ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の4ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
    投稿した漫画の4ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の1ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の2ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の3ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)
  • 投稿した漫画の4ページ目(画像提供:KAKO(@isinnkodesu)さん)

今まさに「うがい薬やガーゼが必要な人が居るかもしれない」

   「あれ? マスクもないけど、ガーゼも無いがぁ」。広島で暮らすKAKOさん。3~4月ごろ、ドラッグストアを訪れて驚いた。滅菌タイプなど医療用ガーゼがすっかりなくなっていた。店員に尋ねると、売り切れているマスクの代わり、または手作りマスク用に買っていく客が多いという。再入荷の見込みは「こんな時期ですから分かりません」。

   テレビのコメンテーターなどメディアでも、ガーゼを使い捨てマスクと口の間に挟んで使うことを紹介していたのを見聞きしていた。そして医療用ガーゼは一時的とはいえ、市場から消えた。

   KAKOさんは6年前から毎日、医療用ガーゼを使用している。「腸瘻(ちょうろう)」という、経管栄養のためのチューブが差し込まれた腹部の皮膚を保護するためだ。ガーゼ以外を試したこともあったが、かぶれなどが生じた。別の物で代替するのは難しい。医療的ケアのため、このガーゼが常に必要となった。

   だが、新型コロナウイルスの影響で異変が起きている。「どうせ売り切れるんじゃけ、ちょっと多めに買っとこうや」「いつか使うじゃろ。腐るもんじゃないし」。ガーゼがなくなり、この8月には、吉村洋文大阪府知事が励行を推奨した「うがい薬」もなくなった。吉村知事は「ポビドンヨード」を含むうがい薬の使用を勧めたが、これを含まないタイプまで品切れになり、転売も相次いだ。

   KAKOさんは、かつて自身がうがい薬を必要としていた時期のことを思い返した。6年前に抗がん剤治療をし、口内炎だらけになった時、「その痛みから救ってくれたのが、吐いた後の子供用『うがい薬』だった」という。

「こんな風に、今、正に、コロナじゃない医療的ケアの為に、うがい薬やガーゼが必要な人が居るかもしれないという事が、一般の日本人にはどうして分からない?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中