2020年 9月 29日 (火)

サッカー部で大規模クラスター、学校に批判も 国民・玉木代表「差別・偏見は絶対に許されない」と警鐘

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   島根県松江市の立正大淞南高サッカー部で発生した新型コロナウイルスの大規模クラスター(感染者集団)をめぐり、ネット上で憶測や誹謗中傷が相次いでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

他県に遠征

   松江市は2020年8月10日、立正大淞南高サッカー部の寮で集団感染が起きたと発表した。サッカー部、野球部の生徒や、教員など計96人の感染がわかった。

   最初に部員が発症したのは8月5日で、同日中に一人部屋に移した。翌日には19人が発症し、7日に学校が保健所に連絡した。

   同高の北村直樹校長は11日の会見で、「生徒の落ち度ではなく、学校としての感染症対策の不備に起因している」と説明。寮内では換気をこまめにするなど基本的な対策には努めていたが、不十分だったとしている。

   サッカー部は7月~8月にかけて、大阪府、鳥取県、香川県に練習試合で遠征していた。学校のマイクロバスで移動し、大阪では1泊、鳥取、香川両県は日帰りで往復した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中