2020年 9月 21日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
コロナが生み出す「社会主義」デモ

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   この夏、社会主義を唱える2つのデモを取材したとき、それを傍観していたニューヨーカーの反応がそれぞれ正反対で、今の米国を象徴していると感じた。何回かに分けて、2つのデモについてレポートしたい。

   私は1970年代にニューヨークを初めて訪れ、80年代から住み始め、この街が変わっていくさまを見続けてきた。街のあちこちを歩き回り、自分の目で見たこと、出会った人たちの声を、この連載で前回に引き続き、紹介する。

  • ニューヨークの通称ブルックリン・カレッジ前から始まったデモ行進の先頭(2020年8月16日、筆者撮影)
    ニューヨークの通称ブルックリン・カレッジ前から始まったデモ行進の先頭(2020年8月16日、筆者撮影)
  • ニューヨークの通称ブルックリン・カレッジ前から始まったデモ行進の先頭(2020年8月16日、筆者撮影)

「アメリカの帝国主義を打倒しよう」

   1つ目のデモは、2020年8月16日(日)午後、ニューヨーク市立大学ブルックリン校(CUNY、通称ブルックリン・カレッジ)の前の歩道で、集会とともに始まった。

   雨にも関わらず、学生を中心に若者が多く参加。正面には若者たちが「Unite Our Struggles(ともに闘おう)」「All Out For Black Lives(黒人の命のために総力をあげて立ち上がろう)」と書かれた大きな黒いバナーを手に立っている。

   全部で60人ほどだろうか。黒人やヒスパニックなどマイノリティもいるが、最も多いのは白人だ。傘や雨よけのポンチョ、ペットボトルの水のほか、食事をしていない人のためにはサンドイッチまで用意されていた。

   「あとでみんなで一緒に、ディナーを食べましょう」という呼びかけもあるなど、「コミュニティ」を感じさせる。

   参加者らは手に、「Invest in Black Futures(黒人の将来に投資せよ)」「Defund Prisons and Police(刑務所と警察を解体せよ)」「Black Youth Matter(黒人の若者の命を軽んじるな)」などのプラカードを掲げていた。

   アルゼンチン出身の若者がスペイン語なまりの英語で、「高額な医療費を負担できない黒人やヒスパニックが、新型コロナウィルスで大きな被害を受けた。所得格差が不平等を生んだ」と訴え、「アメリカの帝国主義を打倒し、社会主義のために闘おう!」と叫ぶと、大きな歓声が沸き起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中