2020年 10月 27日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
カマラ・ハリス「デビュー戦」の評価――副大統領候補討論会

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   「ちょうど今、その話をしていたんだよ」――。副大統領候補の討論会の翌日、ニューヨークのカフェや公園は、この話題で持ちきりだった。民主党候補カマラ・ハリス氏の「デビュー」に、この街の人々は何を思ったのか。民主党支持者の多いこの街で、私が参加したオンラインのビューイングパーティや共和党支持者の声も含めて、討論会を振り返る。

  • カマラ・ハリス氏とマイク・ペンス氏
    カマラ・ハリス氏とマイク・ペンス氏
  • カマラ・ハリス氏とマイク・ペンス氏

「I'm speaking.(私が話しています)」

   日米ともに、マスコミの報道の多くは民主党寄りであるため、この連載ではこれまで、アメリカの現状をより正確に伝えたいとの思いから、共和党支持者の声も紹介してきた。

   今回はカマラ・ハリス上院議員の「デビュー」ということもあり、またニューヨークというリベラルな土地柄もあり、あえて民主党寄りの意見を多く盛り込んだ。

   2020年10月7日に米ユタ州ソルトレークシティで開かれた大統領選の副大統領候補の討論会を、私はズームを使ったビューイング・パーティで見た。

   参加者は30人弱。他人同士が一緒にライブで討論会を見ながら、思い思いに感想をチャットする。

   ハリス氏が、横槍を入れたマイク・ペンス副大統領に対して何度も「I'm speaking.(私が話しています)」と笑みを浮かべたり、彼の発言を否定するように首を横に振ったりするたびに、「あの表情、見た? 最高だね」などとチャットの文字が画面に現れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中