2020年 11月 26日 (木)

国境を超える「井上尚弥から学んだ教訓」 元スパーリングパートナーが感謝する理由

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   「スポーツに国境はない」。故白井義男氏が日本人として初めてボクシングの世界王座を獲得した時にメディアが使用した言葉である。白井氏は米国人生物学者アルビン・R・カーン氏によってその才能を見出され、戦後の日本に希望を与えた国民的英雄だ。終戦から7年を経て米国人トレーナーに師事した日本人ボクサーが世界の頂点を極めたドラマに国境は存在しなかった。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「彼から多くのことを学びました」

   記者がこの言葉を思い出したのは、フィリピンメディア「The Manila Times」(WEB版)の記事がきっかけだった。2020年10月27日付けの「The Manila Times」では、「アポリナーは貴重な教訓をイノウエから学ぶ」とのタイトルで、フィリピン人の有望ボクサーの特集を組んでいる。

   タイトルにあるイノウエとは、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=のことである。主人公のペテル・アポリナー(25)は、フィリピン出身のフェザー級ボクサーだ。アポリナーは12勝(8KO)1敗の戦績を誇る地元のホープだという。

   今年2月、アポリナーは横浜の大橋ジムにいた。井上のスパーリングパートナーとして招へいされたという。当初、井上は4月25日にWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との王座統一戦を予定しており、カシメロと同じフィリピン人ボクサー数名が井上のスパーリングパートナーとして来日した。

   約1カ月間、井上のパートナーを務めたというアポリナーは「彼(井上)から多くのことを学びました。辛抱強くなること。そしてチャンスを待ち、それを逃さないこと」と振り返っている。また、井上のスパーリングパートナーを務めたことで地元メディアに露出する機会が増え、うれしい悲鳴を上げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中