2020年 11月 24日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
ニューヨークで「トランプ支持」大集会の異常事態

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「Law and Order(法と秩序) TRUMP」と書かれた巨大な旗を、トランプ支持者らが道路を覆うように広げて、マンハッタンの目抜き通りの五番街を行進する姿に、ニューヨーカーたちは思わず驚きの声をあげた。

「ニューヨークが一体、どうなっちまってるんだよ?」

   民主党色が強いニューヨークで、トランプ支持者たちが沈黙を破って一気に声を上げ始めた。米大統領選を10日後に控えた土日に、私が見たこの街の様子を伝える。

  • ニューヨークの5番街をトランプ支持の巨大な旗を広げて占拠する人達(2020年10月、筆者撮影)
    ニューヨークの5番街をトランプ支持の巨大な旗を広げて占拠する人達(2020年10月、筆者撮影)
  • ニューヨークの5番街をトランプ支持の巨大な旗を広げて占拠する人達(2020年10月、筆者撮影)

BLM支持者とトランプ支持者が遭遇

   2020年10月24日(土)の午前10時半頃、ブロードウエイ・ミュージカル劇場が集中するタイムズスクエアで、プロダンサーらが、「ニューヨーク・ニューヨーク」の音楽に合わせて、踊りを披露していた。

   そこへ突然、「BLACK LIVES MATTER」と書かれた黒マスクにサングラス姿の黒人女性たちが、メガホンを手に乗り込んできて、声高に訴え始めた。

「私は高校でも大学でも差別され続けてきた。学校では知識のない白人教師が、黒人の歴史については奴隷制度と公民権運動を教えるだけです」

   予期せずダンスを中断せざるを得なくなったものの、ダンサーたちは皆、BLMグループにその場を譲り、彼女らの訴えに耳を傾け、拍手を送っていた。

   ダンサーの1人は私に、「これはとても大事なことだから。私も前にBLMデモに参加したの」と言う。

   しばらくすると、BLMの一部の人たちが、警官らに向かって激しい暴言を吐き始めた。そのうちのひとりの男性は私に、「ドラッグディーラーの友達と一緒にいただけで不当に逮捕され、刑務所で1年間過ごしたんだ」と訴えた。

   BLMの集団は、その後、コロンバスサークルまで25ブロックほどデモ行進した。そこでは5人のトランプ支持者が、集会の準備をしていた。黒人男性3人と白人男女1人ずつで、黒人と白人の男性が「TRUMP」と書かれた野球帽を被っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中