2021年 9月 20日 (月)

「ユーザー情報収集」で炎上のブラウザ「Smooz」 「継続は困難」とサービス終了に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   IT企業「アスツール」(東京都渋谷区)は2020年12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を発表した。

   同アプリをめぐっては、不適切な形でユーザー情報を収集しているとの指摘が相次ぎ、いわゆる「炎上」状態になっていた。

  • Smooz公式サイトより
    Smooz公式サイトより
  • 「サービス終了のお知らせ」全文
    「サービス終了のお知らせ」全文
  • Smooz公式サイトより
  • 「サービス終了のお知らせ」全文

閲覧情報がアスツール社のサーバーに送信されている

   スムーズは、操作性やポイントが貯められる機能が人気で、16年にはApp Storeのベストアプリに選ばれた。2020年11月時点で210万ダウンロードを誇る。

   騒動は、2020年12月17日付の個人ブログ記事「国産ブラウザアプリSmoozはあなたの閲覧情報をすべて外部送信している」をきっかけに広がった。

   ブログでは、 「デフォルトの設定では、設定・操作・閲覧情報がユーザーID、デバイスIDと共にアスツール社のサーバーへ送信されている」「サービス利用データの提供設定をオフにしても、閲覧情報がアスツール社のサーバーに送信されている」「プライベートモードにしても、閲覧情報がアスツール社のサーバーに送信されている」「https通信であろうとも閲覧したURLは完全な形でアスツール社のサーバーに送信されている」などと問題点を列挙していた。

   アスツールの加藤雄一社長は17日、

「Smoozは、おすすめ記事をパーソナライズしブラウジング体験を快適なものとするために、行動履歴や検索履歴のデータを収集しております。ご利用者様のプライバシーを侵害するデータの収集を目的とするアプリではございません」
「プライベートモード利用時または『サービス利用データの提供』をオフにした時には、サーバーへの全てのデータ送信を停止する設計にしておりましたが、弊社側で調査をしたところ、実際には一部の情報送信が止まっていないことが分かりました」

などとコメントを発表し、早急に対応するとしていた。

   20日には新たな問題が見つかったとして、アプリストア(App Store、Google Play)への配信を停止していた。

   J-CASTニュースは21日、アスツールに(1)収集データに住所、氏名、ウェブサービスのID・パスワード、クレジットカード情報、口座情報など機密性の高い情報は含まれているか(2)収集した情報を第三者に提供していた事実はあるか――などを質していたが、期日までに回答はなかった。

急転直下のサービス終了

   アスツールは23日に新たなコメントを発表し、「状況の確認と対策、原因調査を進めてまいりましたが、Smoozの提供を継続することは困難との結論にいたり、2020年12月23日をもってサービスを終了させていただきます」と報告。

   「これまでに収集したご利用者様の情報につきましては、返金に必要な情報以外はすべて削除が完了しております。返金対応が完了次第、全ての情報を削除いたします。収集したデータに関して悪用、個人情報の社外への流出は、現在のところ確認されていません」としている。

   有料会員に向けては、「12月分からの利用料金の返金をさせていただきます。また、交換可能なSmoozポイントをお持ちのご利用者様に対しては、ポイントの交換をさせていただきます。返金方法、Smoozポイントの交換方法等の詳細については、後日改めてこのブログ上にてご案内させていただきますので、今しばらくお待ちください」とアナウンスした。

   アスツールは2016年に設立。同年に「スムーズ」を、コロナ禍の20年には価格比較サイト「在庫速報.com」をリリースした。ファンコミュニケーションズ、スカイランドベンチャーズ、個人投資家から累計1億円の資金調達をしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中