2021年 5月 13日 (木)

コロナ感染で死去の羽田雄一郎氏「当日に会合」の真偽 スポニチ「誤情報であったため削除」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2020年12月27日に新型コロナウイルスの感染で急逝した立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(53)をめぐり、死去当日に感染が疑われていたにもかかわらず会合に出席したなどと報じた一部メディアが29日までに記事を削除した。

   同党の福山哲郎幹事長は28日の記者会見で、「会合に出て途中で倒れたという情報は事実ではない」と明言していた。

  • 立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(写真は政府インターネットテレビから)
    立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(写真は政府インターネットテレビから)
  • 会見に臨む福山幹事長(立憲民主党公式サイトより)
    会見に臨む福山幹事長(立憲民主党公式サイトより)
  • 立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(写真は政府インターネットテレビから)
  • 会見に臨む福山幹事長(立憲民主党公式サイトより)

読者から「会合誰も止めなかったの?」と批判も

   スポーツニッポンは27日、「羽田雄一郎氏死去 都内の会合後、体調不良を訴えて倒れる 政界関係者が明かす」とのウェブ記事を配信した。

   「政界関係者」の話として、羽田氏は死去当日、「東京都内で行われた会合に出席した」ものの、会場を後にして車に乗り込む際にその場に倒れて救急搬送されたと伝えた。

   東京スポーツも28日のウェブ記事「発熱4日で急死・羽田雄一郎元国交相 "ユルユル永田町"に衝撃走る」で、羽田氏は24日に発熱して新型コロナの感染が疑われていたものの、PCR検査日の27日に「会合に出席した」と報じた。記事では、情報源は「複数の関係者」だと記している。

   記事の読者からは「風邪症状があって、PCR検査の予定もある日になんで会合なんかに参加してんの」「会合誰も止めなかったの?」などと羽田氏の行動や党の対応を疑問視する声がツイッターで相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中