2021年 1月 23日 (土)

「ただの風邪だったらしいクリ~」 小布施町公式キャラ「おぶせくりちゃん」コロナめぐるツイートで町長謝罪

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   特産の栗で知られる長野県小布施町の公式キャラクター「おぶせくりちゃん」のツイートが物議を醸し、町が公式サイトで謝罪する騒ぎになっている。

   感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、「ただの風邪」といった内容を繰り返し発言していた。町では、担当職員が誤解を招く発信をしていたとして、チェック体制の不備を認め、公式サイトで謝罪した。

  • コロナ禍を指すとみられる投稿の1つ
    コロナ禍を指すとみられる投稿の1つ
  • コロナ禍を指すとみられる投稿の1つ

マスクこそ不要不急だとする返信には、「座布団3枚クリ~」

   「おぶせくりちゃん」は、町のリサイクルキャラ「リサイくりちゃん」から、2010年9月に新しく生まれ変わった。公式ツイッターでは、語尾に「クリ~」を付ける格言めいた発言を繰り返している。

   コロナ禍についての発言もしていたが、20年12月29日ごろには、コロナは騒ぎ過ぎだと言いたげなツイートを繰り返すようになった。

   「ただの風邪だったらしいクリ~」「自粛は言われてするものではないクリ~」などとつぶやき、マスクこそ不要不急だとする返信には、「座布団3枚クリ~」などと応えていた。

   漫画家の小林よしのりさんが著書に書いた独特の主張については、「コロナ論読もうクリ~」と賛同を示していた。

   ツイッターやネット掲示板では、町の公式キャラによる投稿が話題になり、様々な意見が書き込まれている。

   「公式でこれはヤバいな」「誰もチェックしてないのかね」「町は何してんだ」などと非難する声は多い。一方、「意思持ってるし普通にいいこと言う」「鋭い切り口が痛快でよかった」と支持する声も一部であった。小林よしのりさんもブログで31日に反応し、「あのゆるキャラは立派に健闘した」などと讃えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中