2021年 8月 1日 (日)

「愛ですね」 伝説の都知事候補・後藤輝樹を直撃したら...えらいインタビューになってしまった!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年7月5日に行われた東京都知事選挙。結果は2位とは大差をつけて現職の小池百合子氏が2期目の当選を果たした。ただ、その一方で、選挙戦で小池氏に勝るとも劣らないインパクトを、有権者である東京都民はもちろん、日本中に与えた候補がいたことを覚えているだろうか......そう、後藤輝樹さんである。

   後藤さんは都知事選に2回目のチャレンジを行い、2万1997票(得票率0.36%)で落選。しかし、選挙期間中に放送された政見放送ではオムツ姿で机に寝そべるなど奇抜なパフォーマンスによって大きな注目を集め、ネット上では「おれも都民なら選挙行くかも知れん」といった声が上がるなど、残した爪痕は実に深いものであった。

   その後藤さんは、今どうしてるのだろう。そこで、J-CASTニュース編集部は現在の後藤さんに直撃取材を敢行。都知事選の感想も含め、その後の過ごし方について本人から話を聞いた。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

  • 寝そべりながらインタビューに答える後藤輝樹さん
    寝そべりながらインタビューに答える後藤輝樹さん
  • 寝そべりながらインタビューに答える後藤輝樹さん

前代未聞の「寝そべった状態」でインタビューを受ける後藤さん

   J-CASTニュース編集部記者が後藤さんを訪ねたのは、都知事選から約5カ月半がたった12月のある日。後藤さんが指定した場所は東京・九段にある靖国神社だ。この日、後藤さんはここでフリーマーケットの出店を開くのだという。

   多数の出店が展開する中、麦わら帽子をかぶっているのが目印と告げられていた記者は後藤さんを発見。本人の店にたどり着くと名刺交換を行うべく名刺を差し出したが、それに対し、後藤さんは「僕の名刺はこれです」と明かしながら、黄色く紅葉したイチョウの葉を記者に差し出してニッコリ。政見放送よろしく相変わらずの奇抜さを見せつけたのだった。

   さらに、「名刺交換」が終わると後藤さんは、前述の政見放送のワンシーンではないが、出店のビニールシート上にゴロンと寝そべってしまい、インタビューをこの体勢で受けると「宣言」。さあ、いよいよ、ここから「後藤輝樹独演会」が始まるのである――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中