2021年 5月 7日 (金)

井岡一翔「タトゥー問題」 専門家見解「井岡陣営が一方的に悪いとは思いません」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)のタトゥー問題が波紋を広げている。2020年12月31日に行った2度目の防衛戦で試合中に井岡の左腕のタトゥーが露出したことが問題視されている。J-CASTニュース編集部は、この問題について協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に見解を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

8回にはテレビ画面越しにもはっきりと...

   今回、問題視されているのが試合中に左腕のタトゥーが露出してしまったことだ。通常は専用のファンデーションをタトゥーが入っているところに塗って隠すが、昨年大みそかの試合ではファンデーションが薄かったのか、ラウンドを重ねるごとに左腕のタトゥーが露出し、試合が決した8回にはテレビ画面越しにもはっきりとタトゥーが確認できるほどだった。

   日本ボクシングコミッション(JBC)は、ルールの第5章「試合の管理」第4節「試合出場ボクサー」の第86条(欠格事由)で「次の各号に該当するボクサーは、試合に出場することができない」と定めており、その2つ目に「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」とあり、入れ墨のある者の試合出場を禁じている。

   これまでもタトゥーが入った選手は、ファンデーションなどでタトゥーを隠してリングに上がってきた。金平会長の愛弟子であるWBC世界スーパーフライ級王者・佐藤洋太氏(元協栄ジム)もそのひとりで、世界戦ではファンデーションでタトゥーを隠してリングに上がっていた。金平会長は当時のことを次のように振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中