2021年 8月 3日 (火)

夫婦のすれ違い、「このパターンはリアル」 「知ってるワイフ」の描写が話題

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが主演を務めるドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)第7話が、2021年2月18日に放送された。大倉さん演じる主人公のある行動を巡って視聴者の間で論争が勃発している。

  • 広瀬アリスさん(2015年)が「澪」を演じている。
    広瀬アリスさん(2015年)が「澪」を演じている。
  • 「知ってるワイフ」の番組ツイッター(@WifeShitteru)が、出演者の他番組出演情報も紹介していた。
    「知ってるワイフ」の番組ツイッター(@WifeShitteru)が、出演者の他番組出演情報も紹介していた。
  • 広瀬アリスさん(2015年)が「澪」を演じている。
  • 「知ってるワイフ」の番組ツイッター(@WifeShitteru)が、出演者の他番組出演情報も紹介していた。

「この日だけは出席してほしい」

   大倉さん演じる剣崎元春は、結婚5年目の2児の父で冴えない銀行マン。妻の澪(広瀬アリスさん)に家庭のことを任せっきりで、「ワンオペ育児」状態に。すっかり互いを疎ましく感じるような夫婦関係に陥ってしまったとき、元春の前に「タイムスリップ」を可能にしてくれる謎の男が現れて...というストーリーだ。

   第7話では、元春と現在の妻・沙也佳(瀧本美織さん)夫婦が、本音や価値観の違いで関係に亀裂が入ってしまう。ことの発端は、沙也佳の父が、栄誉ある財界人に贈られる賞を受賞し、この度パーティーを開くことに。沙也佳はかねてより元春にも「いろんな人脈を作るチャンス」「父や私の顔を立てるためにも、この日だけは出席してほしい」とお願いしていたが、パーティーの前々日、元春は妹からの電話で、パーティーと同日に母親が白内障の手術を受けることを知る。

価値観の違いが浮き彫りに

   日帰りでもできるような手術ゆえ付き添いはいらないと言われるが、手術後、母の送り迎えをする予定だった妹の娘が発熱。代わりに元春が申し出るも、それを知った沙也佳はため息交じりに「婿がパーティーを欠席したらパパのめんつは丸つぶれよ」「命に関わるようなことじゃないでしょ?」とパーティーを最優先すべきだと主張する。当日、無事に母を送り届け急いでパーティー会場に向かう元春だったが、気持ちが折れ、結局ドタキャン。互いにパートナーに無理な要求を押し付け、価値観の違いが浮き彫りになってしまうのだった。

   この展開を巡って、視聴者からは「病気の人と晴れ舞台に立つ人を天秤にかけたら、病気の人に駆け付けると思うんだけれど」「元春も悪いけどさやかの考え方も私は理解できないや。 パーティー<家族の手術 だな。旦那にもし命に関わる事じゃないだろ?なんて言われたら終わりだな」「さやかは悪くないが、親を心配する夫の気持ちに寄り添えない感覚は、自己中だと思う」と意見が割れる一方、「このパターンはリアルだわ。交流の仕方が自分ばっかりのパターン」「男女の価値観の違いから、金銭的(育った環境含む)価値観の違いまで、夫婦がすれ違っていく要因が網羅されていると思う」などと、夫婦の価値観の違いによるすれ違いについて一考する声があがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中