2021年 4月 23日 (金)

BTS「Dynamite」が世界で大ヒットした理由 音楽作家が解説する「3つの凄さ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【連載】MUTEKI DEAD SNAKEのBUCHIAGARU!! music

   韓国発の世界的グループ「BTS(防弾少年団)」。彼らが2020年8月にリリースしたディスコポップ風のナンバー「Dynamite」は、YouTubeのMV再生数が9億を超える空前のヒット曲となった。

   母国・韓国での流行はもちろん、米ビルボードの総合チャートでアジア人アーティストとして57年ぶりの初登場1位を獲得。日本でも「オリコン」のデジタル配信チャートでトップに立った。

   なぜ「Dynamite」はここまでヒットしたのか。その理由を、音楽作家のMUTEKI DEAD SNAKE(ムテキデッドスネーク)氏にサウンド面から解説してもらった。

  • BTS「Dynamite」ヒットの理由を分析(C)FAMOUS
    BTS「Dynamite」ヒットの理由を分析(C)FAMOUS
  • BTS「Dynamite」ヒットの理由を分析(C)FAMOUS

「Dynamite」はBTSだから歌えた曲?

   さっそくですが元々スーパースターだったBTSというグループをさらにもう一段階上のステージに押し上げたこちらの名曲「Dynamite」、2020年はいたるところで流れていたため、BTSというグループを知らない方でもこの曲は知っている、という方も多いのではないでしょうか。

   個人的にBTSもディスコ感のある楽曲も大好きということもあり、はじめて聴いた時は1人のファンとして「超いいじゃん!」みたいな感じだったんですが、この曲ってやっぱり本当にすごいんですよね。

●BTSの歌唱スキルに「BUCHIAGARU!!」

   何がすごいって、まずこの曲、歌うのめちゃめちゃ難しいんですよ!

   カラオケでマイクを渡されて、「Dynamite歌ってよ!」なんて女の子に言われても、男の子は調子に乗って歌わないでください、悲しい時間をみんなで共有してしまう可能性が高いです。

   この曲は楽曲の歌い出しの音から、一般的な男性の楽曲を作るときに設定するキーの遥か上の音からはじまりますし、女性が歌うために作られた楽曲を、男性が裏声を多用して歌唱しているような印象を受けます。

   裏声も、楽曲の高くなる部分で裏声に一瞬なるくらいならそこまで難しく無いと思うのですが、一瞬どころかサビは裏声を多用する上に、裏声と地声の入れ替わりが激しく非常に難しいんですよね...。歌ってみたことがある人なら分かると思うのですが、途中で声ひっくり返りません?

   このような曲を歌えるグループはほとんどいないと思うので、例えばこの曲をBTSではない男性グループに歌ってもらうと、キーを下げることになるでしょうが、そうするとハイトーンで男性が歌を歌うという異物感がなくなり、ありがちな曲になってしまうのではないかなと思います。

   ハイレベルな楽曲を難なく歌い上げるBTSの高い歌唱スキルが、「Dynamite」という楽曲を唯一無二にしている一つのポイントなんじゃないかなと思います。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中