2021年 9月 21日 (火)

五輪閉会式への反響に「泣けた」 出演のけん玉師が明かす思い「庭での練習が以前よりやり易く...」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪の閉会式では「東京の昼下がりの公園」を表現したパフォーマンスが披露された。

   このショーに出演したけん玉師・伊藤佑介さんは2021年8月10日、自身のブログで閉会式の反響を明かした。

  • けん玉師・伊藤佑介さん
    けん玉師・伊藤佑介さん
  • 東京五輪の閉会式(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    東京五輪の閉会式(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • けん玉師・伊藤佑介さん
  • 東京五輪の閉会式(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「チャリこいでようが何してようが全てはけん玉に繋がると私は信じています」

   伊藤さんは、けん玉ショーやワークショップ、講演会などで活躍するプロの「けん玉師」だ。

   伊藤さんのブログによれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2020年、収入源であったイベント出演の依頼はほとんどなくなってしまった。都内4か所で約20年続けてきたけん玉教室も、すべて閉じることになった。

   仕事がほとんどなくなってしまったという伊藤さんは2020年5月、ウーバーイーツの配達員をはじめる。当時のブログでは、

「チャリこいでようが何してようが全てはけん玉に繋がると私は信じています」

との決意をつづっていた。

   体重は減少。配達による疲労や筋肉痛を抱えながらも、けん玉の修練を続けていたのだという。

   そんな伊藤さんに大舞台が訪れた。東京五輪の閉会式だ。スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラの演奏をバックに、リフティングや縄跳び、スケートボードなどのパフォーマンスが披露された。この演出の一つに、伊藤さんによるけん玉のパフォーマンスもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中