2021年 9月 23日 (木)

King Gnu常田大希、フジロック出演めぐる一部報道に苦言 「意図的に誤解を生むような悪質な見出し」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロックバンド「King Gnu」の常田大希さんが2021年8月23日、フジロック出演後のツイートを取り上げた一部報道に苦言を呈した。

   常田さんは22日、新型コロナウイルス感染拡大下で開催され賛否を呼んだフジロックへの出演を終え、ツイッターに「怒りの矛先を間違えるなよ?」などとするメッセージを投稿していた。

  • 終演後も賛否を呼ぶフジロック(画像は公式サイトより)
    終演後も賛否を呼ぶフジロック(画像は公式サイトより)
  • 終演後も賛否を呼ぶフジロック(画像は公式サイトより)

「皆んなその中で必死にそれぞれの業界を守るため働いている」

   常田さんは20日に自身の音楽プロジェクト「millennium parade」として、21日には「King Gnu」として、フジロックのステージに立った。

   出演終えた翌22日にはツイッターで、以下のようにつぶやいた。

「色んな人生、職種があって多種多様な"誠実"がある中で、法律や行政命令が俺達民衆の最大公約数な訳で(健全な民主主義前提) 皆んなその中で必死にそれぞれの業界を守るため働いている。怒りの矛先を間違えるなよ?」

   このツイートは一部スポーツ紙のウェブ版に、常田さんがフジロックに出演したことと合わせて報じられたこともあり、大きな注目を集めることに。インターネット上では、常田さんの投稿内容に批判的な声も上がっていた。

   こうした状況を受けてか、常田さんは翌23日朝になって、

「意図的に誤解を生むような悪質な見出しのネット記事が出るのが悔しいねー」

と一部報道に苦言。続けて、「あれにも規制必要じゃないか?標的にされる人間によっては深く深く病むぜ」ともこぼした。

   常田さんはさらに続けて、「最後に」と題して自身の思いをまとめた文章を投稿した。冒頭では、音楽業界の苦境を改めて訴えている。

「音楽業界はコロナ発生から長期に渡る自粛でたくさんの場所が潰れたり大勢のスタッフが仕事を失ってるこの一年、長期に渡り行政の指導を徹底的に受け入れ向き合ってきました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中