2022年 1月 28日 (金)

読売日本交響楽団コンサートで客殴り合い? 目撃情報相次ぐ...主催者に真相を聞く

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・赤坂のサントリーホールで行われた読売日本交響楽団のクラシックコンサートで、終演直後に客同士の乱闘騒ぎがあり、ツイッターで目撃情報が次々寄せられた。

   殴って出血したとの情報もあるが、サントリーホールによると、警察は呼ばれなかったという。主催者の読響は、「鑑賞マナーを順守していただくよう呼び掛けていく」と話している。

  • 演奏中ではなかったが…(写真はイメージ)
    演奏中ではなかったが…(写真はイメージ)
  • ステージ後方の乱闘騒ぎは丸見えに(写真はサントリーホールのサイトから)
    ステージ後方の乱闘騒ぎは丸見えに(写真はサントリーホールのサイトから)
  • 演奏中ではなかったが…(写真はイメージ)
  • ステージ後方の乱闘騒ぎは丸見えに(写真はサントリーホールのサイトから)

ステージの後ろ側の観客席で起き、その様子は丸見えの状態

   コンサートは、2021年12月14日夜に行われた読響の定期演奏会だ。

   10月のショパン国際ピアノコンクールで4位入賞した小林愛実さん(26)が出演し、本選で弾いたショパンのピアノ協奏曲第1番を披露するとあって、ファンらから大きな注目を集めた。

   ツイッター上に相次いだいくつかの目撃情報によると、コンサート最後の曲であるプロコフィエフの交響曲第5番の演奏が終わり、指揮者の高関健さんが楽団メンバーをねぎらう中で、乱闘騒ぎが始まった。

   ちょうどステージの後ろ側にあるPブロックという観客席で起き、その様子は、他の観客席から丸見えの状態だったという。前列と後列の男性客同士が言い合いを始め、1人が殴ってもう1人が出血したのを見たという報告が複数あった。カーテンコールに拍手しながらも、視線はついそっちに行ってしまったと漏らす人もいた。

   こうした目撃談へのリプライも次々に寄せられ、「クラシックのコンサートで乱闘って」「これマジ?あのサントリーホールで?」などと驚く声が上がっている。トラブルの原因についての報告は見られなかったが、「時勢的にマスク絡みかな?」「椅子の背を蹴られ続けてたとか」といった推測も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中