2022年 1月 19日 (水)

八百長騒動シバターは「常習犯」なのか 久保優太セコンドが指摘した「過去の疑惑」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大みそかに行なわれた総合格闘技大会「RIZIN.33」での元K-1ウェルター級王者・久保優太選手とYouTuberのシバターさんの対戦をめぐる「八百長疑惑」について、久保選手が所属する「BRAVE GYM」の宮田和幸代表がYouTubeで見解を述べた。

  • シバターさんのインスタグラム(@jtshibata)より
    シバターさんのインスタグラム(@jtshibata)より
  • シバターさんのインスタグラム(@jtshibata)より

「久保くんに確認したら『その通りです』と」

   宮田氏は、2022年1月4日に公開した「久保選手vsシバターの八百長疑惑について説明します」と題した動画で事情を説明した。

   シバターさんが1ラウンド(R)で久保選手に1本勝ちしたこの試合をめぐっては、対戦後、シバターさんと久保選手のものとされるLINEのスクリーンショット画像がネットで拡散し、注目を集めていた。

   この試合でセコンドを務めた宮田氏。YouTube動画での話によれば、ジム関係者は久保選手がシバターさんとやりとりを行なっていたことは知らなかったという。

   宮田氏は実際に久保選手とシバターさんが交わしたとされるLINEのやりとりを読み、当人に確認もしたという。

「八百長というか、まぁ1Rは少し流して、2R目お願いします、みたいなその文......LINEのスクショも読んだんだけど。久保くんに確認したら『その通りです』と」

   久保選手はシバターさんとのやりとりを認めたとして、久保選手の心境を慮った。

「ただ、相手が(試合を)やる・やらないっていう交渉を、RIZIN側ではなく久保くんにしたみたいで。久保くんはやっぱりここまで来たから試合したいっていう気持ちと、あと気持ちはわかるんだけど、いろんなスポンサーさんとかチケット売っちゃったとか、自分も調整してきたし気持ち作ってきたから、試合したいと。で、それで受けちゃったんだと思うんだけど」

   宮田氏は、事前に相談を受けていれば、セコンドとして出来レースなしの真剣勝負をするという選択肢もあったと話した。

「僕にセコンドなんでやっぱ言って欲しかったというのはもちろんあるんだけど、言った......やっぱり言ったらね、まぁ試合させなかったというか、(試合)させてそのまま八百長というか、出来レースなしで1R目からいこうって相手に合図してねやっても良かったと思ってるんだけど」

   八百長疑惑の今後の対応については、「僕というより、RIZIN側と久保くんとシバターで話し合うと思うので」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中