2022年 5月 26日 (木)

カムカム最新話で「放送事故」トレンド入り 生出演ラジオでアニー暴走...視聴者総ツッコミ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年4月5日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の作中の演出に対し、視聴者から驚きの声が上がっている。

   この日の放送では、かねてから初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音さん=24)ではないかと目されていた、ハリウッドのキャスティングディレクターのアニー・ヒラカワ(森山良子さん=74)が、自身が安子であることをラジオ番組で明かすシーンがあった。

  • 森山良子さん(写真:Pasya/アフロ)
    森山良子さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 森山良子さん(写真:Pasya/アフロ)

突如として日本語で話し始めたアニー

   三代目ヒロインの大月ひなた(川栄李奈さん=27)が聞き入る生放送のラジオ番組に出演するアニーは、パーソナリティーを務める磯村吟(浜村淳さん=87)から、人生で初めて見た映画は何かと問われた。

   当初は1939年にアメリカで公開された「風と共に去りぬ」だと通訳を介して答えていたものの、作中で同年に公開された「棗黍之丞 仁義剣」の話題になるや、突如として沈黙してしまった。

   押し黙るアニーに磯村が何度も呼び掛けると、アニーは突如として日本語で、人生で初めて見た映画は「棗黍之丞 仁義剣」であり、場所は大阪だったことを公表する。事前に聞いていた経歴と食い違う話に磯村が気圧される中、アニーは周囲の目を顧みず、自らが日本で生まれ育ったこと、夫が戦争から帰らなかったこと、幼い娘の額に事故で傷を負わせてしまったこと、その娘を置いて日本を離れたことを堰を切ったように語ったのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中