2024年 5月 22日 (水)

2人で3失策の阪神・佐藤&中野にOB苦言 「プロとしてお恥ずかしい」「命取りになるケースある」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球楽天の元監督で阪神OBの田尾安志氏(68)が2022年5月19日にユーチューブチャンネルを更新し、同日に神宮球場で行われた阪神対ヤクルト戦を振り返り阪神の守備に苦言を呈した。

  • 佐藤輝明選手(写真:BFP/アフロ)
    佐藤輝明選手(写真:BFP/アフロ)
  • 佐藤輝明選手(写真:BFP/アフロ)

「ちょっと寂しいなというようなエラーでした」

   試合は阪神が5回に1点を先制され7回に2失点。先発ガンケル投手(30)が6回4安打1失点と試合を作るも打線がわずか4安打と振るわず0-3の完封負けを喫した。

   この日阪神は3つの失策を記録。初回2死1、2塁からショート中野拓夢(25)が中村悠平捕手(31)のゴロをファンブルし2死満塁とピンチを広げた。ガンケルが後続を打ち取り失点はなかったものの先制点につながりかねない失策だった。

   7回には3塁手・佐藤輝明(23)が2死1塁の場面でセーフティーバントを処理した際、1塁への送球が大きくそれワンバウンドに。球がファウルグラウンドを転々とする間に1塁走者がホームに生還。佐藤は8回にも1塁へ悪送球し、この日2つ目の失策を記録した。

   田尾氏は、初回の中野の失策に関して「なんてことのないショートゴロ。普通のイージーゴロを中野がファンブルしてエラー。ちょっと寂しいなというようなエラーでした」と振り返った。

   また、佐藤の失策については「同じ悪送球を2つしてしまった。これは気になりました」とし、「今までの佐藤選手の印象はとにかくサードの守備がうまい。送球も安定している。そういう印象が強かったが、この2つの送球ミスはちょっと今後に響くのかなという気がしました」との見解を示した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中