2024年 2月 23日 (金)

【箱根駅伝】沿道に観衆ギッシリ、声出し&謎のボード応援も 3年ぶり応援解禁でマナー守られた?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2023年の箱根駅伝は、3年ぶりに沿道での観戦が解禁され、スタート地点の東京・大手町から大勢の観衆が沿道を埋めた。

   主催者は、マスク着用のうえ声出し応援をしないよう呼びかけ、選手らへの拍手だけに済ます人も多かった。しかし、マナーは十分に守られず、沿道からは次々に熱いエールの声が飛んでいた。

  • ラジオ日本も、主催者のお願いを繰り返し投稿
    ラジオ日本も、主催者のお願いを繰り返し投稿
  • ラジオ日本も、主催者のお願いを繰り返し投稿

選手らがデッドヒートを繰り広げた現場では、大歓声が響くシーンが

「来た来た、来たよ」「えーい、頑張れ~、頑張れ~」「よし!決めるぞ、こっから決めるぞ」

   選手らの集団が通り過ぎると、沿道からこんな声援が次々に飛ぶ。駅伝で2023年1月2日に往路がスタートすると、ツイッターでは、沿道のこんな応援ぶりを紹介する動画が次々に投稿された。

   新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、主催者の関東学生陸上競技連盟は22年11月26日、「沿道での観戦・応援に関するお願い」の文面を公式サイトに載せた。そこでは、「沿道で観戦、応援をする際はマスクを着用し、周囲との距離を確保してください。また、声を出しての応援は控えてください」と呼びかけている。

   駅伝を中継した日本テレビも、赤字のテロップで同様の呼びかけを行い、ラジオ日本の中継公式ツイッターも、主催者のお願いを繰り返し投稿した。

   こうした要請を知ってか、沿道では、ほとんどの人がマスクを着用し、選手への拍手が応援の中心だった。ところが、ソーシャルディスタンスが守られないぐらい人がギッシリで、大声を上げての声援も多い。選手らがデッドヒートを繰り広げた現場では、大歓声が響くシーンも見られた。マスク未着用の人物が「園子温ブラボー」と書かれたボードを掲げる場面もあった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中