2022年 5月 26日 (木)

ドコモ「ahamo大盛り 100GB 4950円」両論話題に!「スマホでTV見るから嬉しい」「ahamo小盛りでもっと安くして」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   いきなりドーンと目の前に出された「大盛り」ドンブリ。お腹いっぱいになって満足するか、それともゲップが出て......。

   NTTドコモが2022年3月23日に発表した携帯電話のオンライン専用プラン「ahamo」(アハモ)の新オプションが話題を呼んでいる。

   「ahamo大盛り 100GB 4950円」のことだ。携帯電話料金値下げの動きには逆行するが、「大容量を使う身にはありがたい」という賛成の声がある一方、「なぜ安いプランを出さない」という批判的な声も。

  • スマホで動画を楽しむ人は大容量が必要だが…(写真はイメージ)
    スマホで動画を楽しむ人は大容量が必要だが…(写真はイメージ)
  • スマホで動画を楽しむ人は大容量が必要だが…(写真はイメージ)

KDDIとソフトバンクは「小容量」「値下げ」あるのに...

「ギガ管理とか、めんどくさーい!」(だらだらギガつかいたいさん)
「ヨワヨワWi‐Fi、即切りたい」(通信速度サクサク至上主義さん)
「またログインさせるんかーい!」(NO公衆Wi‐Fi!YESテザリングさん)
「職場が通信不毛地帯ツライ...」(Wi‐Fi環境ナイナイ泣けるさん)
......。

   こんなふうに、スマートフォンの通信環境に悩んでいる20代~30代の人たちに「ahamo大盛り」のオプションを使ってほしいのだそうだ。NTTドコモが公開したキャンペーンサイトに、イラスト入りでそう紹介されている。

   NTTドコモは、オンライン専用プラン「ahamo」(アハモ)に、月額1980円(税込み、以下同)でデータ容量80GB(ギガバイト)を追加できる「大盛りオプション」を6月から始める。

「ahamo大盛り」(NTTドコモのキャンペーンサイトより)
「ahamo大盛り」(NTTドコモのキャンペーンサイトより)

   2020年に菅義偉前政権によって打ち出された「携帯電話料金値下げ」の方針を受け、NTTドコモは2021年3月、中容量プラン「ahamo」のサービスとして、月額2970円で20GBと国内通話5分間無料の1プランを出した。今回の大盛りオプションを追加すれば、4950円支払えば、一気に計100GBまで使えることになる。これはかなりのデータ容量だ。

   「ahamo」が登場して以降、携帯電話大手3社の間で中容量分野の料金値下げ合戦が始まるかとみられた。KDDI(au)が「povo」(ポヴォ)、ソフトバンクが「LINEMO」(ラインモ)と、「ahamo」と同じオンライン専用プランの提供を始めた。

   当初、「povo」と「LINEMO」ともに月額2000円台で20GBの基本容量、国内通話5分間無料という点では「ahamo」とほぼ横並びだった。だが、その後、「povo2.0」として「基本料金0円」を打ち出した。「LINEMO」は20GBだけでなく、お手軽な小容量のミニプラン「3GB」を追加するなど、両社は小容量分野の値下げにシフトしつつある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中