2021年 4月 23日 (金)

橋田壽賀子さん

印刷

脚本家の橋田壽賀子さん死去、95歳 「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」

   「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」などテレビドラマ史に残る多数の名作を書いた脚本家の橋田壽賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎壽賀子)さんが2021年4月4日、死去した。95歳だった。5日、報道各社が報じた。

   半世紀余りにわたってテレビドラマに関わり、庶民の哀歓を見つめながら数多くのヒット作を手掛けた。2015年、脚本家では初の文化功労者となった。誰もが知っている多数の高視聴率作品の生みの親だっただけに、ファンや番組関係者らから感謝と追悼の言葉が相次いでいる。

「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」

   1925年、日本統治下の現・ソウルで生まれた。日本女子大国文科卒業後、早大でも学んで49年、松竹に入社、脚本部に。のちテレビに移って64年、TBSの石井ふく子プロデューサーと組んで当時の大ベストセラー『愛と死を見つめて』をドラマ化。これが1年間に4回も再放送され、脚本家としての地歩を固めた。68年には早くもNHKの連続テレビ小説「あしたこそ」を担当した。

[続きを読む]

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中