2020年 11月 28日 (土)

「新型コロナPCR検査室」現場レポート!人手不足で不眠不休の技師たち

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルス感染を判断するPCR検査は、日本は桁違いに少ない。どこに原因があるのか。相模原市の環境情報センター衛生研究所でみた。研究所はいま仕事の8割が新型コロナの検査だという。朝11時、検体の入った銀色のバッグを持った保健所職員が次々に訪れる。検体一つ一つにラベルが貼られ、臨床検査室へ運ばれる。

   ここで、試薬に検体を混ぜる細かい作業が行われる。感染の危険がある作業だ。2時間後、検査装置にかける。新型コロナウイルスに特有の遺伝子配列を増殖させ、検出されれば陽性の判定になる。この時は陽性は1件だった。直ちに保健所に連絡。持ち込みから6時間だった。

   臨床検査技師などはわずか5人。理化学分野の1人も加わって6人でやっている。人手不足はここだけではないという。関西の病院でPCR検査を担当している検査技師は、「息子に会いたい」と話す。1月に男児を出産したが、「赤ちゃんを母親に預けて3月に戻った。病院に泊まり込みだ。

安倍首相の「1日2万件」なんてとても無理

tv_20200417141013.jpg

   安倍首相は「PCR検査体制を日に2万件と倍増」といったが、現場にはそんな能力はない。司会の小倉智昭は「子供を産んだばかりの人が徹夜で検査して、一方で人工透析している人が発熱しても検査を受けられない」

   伊藤利尋キャスターが各国の検査数を比較した。人口1000人あたりで、アメリカの9.3に対して、日本は0.71。昭和大学の二木芳人教授は「検査を増やして隔離すべきです。少なくとも、医師が検査をしたほうがいいという人は、すべて検査しないといけない」という。

   日本では、実際の感染者数は陽性判定の10倍くらいいるという専門家もいる。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中