2019年 11月 15日 (金)

「誕生祝いケーキにカビ」「コンビニサラダにバッタ」 「ペヤング」きっかけにツイッターで異物報告が続々

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   買った食品に虫などの異物が混入していたという報告が、ツイッターなどで続々と上がっている。真偽不明のものが多いが、「ペヤング ソースやきそば」の騒動がきっかけらしい。

   「誕生日にカビ入りケーキって」。女子高生というツイッターユーザーは2014年12月13日、こう言って嘆いた。

代わりのケーキと店舗での500円利用券を置いて行った

ケーキに変色が見つかる
ケーキに変色が見つかる

   ツイートによると、洋菓子メーカー「不二家」の店舗で買ったケーキにカビがついていたといい、写真もアップしている。写真では、スポンジとみられる部分にいくつか、青緑っぽい色の小さな円形の模様が見える。このユーザーは、ケーキのイチゴとチョコレートを食べたといい、下の方のイチゴにもカビがついていたという。

   電話で苦情を入れると、メーカーの社員のようなスタッフが来て、代わりのケーキと店舗での500円利用券を置いて行ったという。しかし、ユーザーは、「どーにもなりませんよ」と不満を示した。嫌な思いをしたのにまた食べろというのか、ということらしい。

   もっとも、これだけでは真偽不明ともあって、ツイッター上では、事実関係を疑う声も出た。これに対し、ユーザーは、お腹を壊す人が出るのを防ぎたかったとツイートの真意を説明し、「絵の具がなんで入ってるの~」と反論した。その後、理由は分からないが、ツイッターのアカウントが閉鎖されている。

   食品を巡っては、異物混入の訴えが時々あるらしい。そして、ペヤングの騒ぎからは特に、ツイッターなどで、こうした訴えが相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中