2019年 6月 24日 (月)

「炎上できることも才能ですよ」 田端信太郎は、だから「燃える」ことを恐れない

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   ネットニュースに欠かせないのが「炎上ネタ」。一般的に「炎上」はネガティブなイメージだが、それを原動力に、明るくたくましく生きる人々もいる。

   そんな人々をたたえるため、J-CASTニュースはこのほど、第1回となる「炎上アワード」を開催。初代受賞者として、クロちゃん(安田大サーカス)とともに、田端信太郎さん(ZOZO コミュニケーションデザイン室 室長)を選出した。

   田端さんは、ツイッターの発言をめぐり、たびたび「炎上」。今年発売の著書『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』(幻冬舎)でも「炎上しない奴は燃えないゴミだ」などと、独自の炎上論を披露している。本業とSNSの関係性を聞くとともに、2018年を振り返ってもらった。

(聞き手・構成・プレゼンター:J-CASTニュース編集部 城戸譲)

  • トロフィーと賞状を手にする田端信太郎さん
    トロフィーと賞状を手にする田端信太郎さん
  • 2018年を振り返ってもらった
    2018年を振り返ってもらった
  • 受賞おめでとうございます
    受賞おめでとうございます

「炎上」というより「賛否両論」

「貴殿は、これまでツイッターを主戦場に、新たなビジネスパーソンの形を提示してきました。また、自他ともに認める『炎上』の使い手として、所属組織の枠にとらわれず、ネット世論に一石を投じ続けておられます。よって、その功績をたたえ、ここに賞します」(プレゼンターによる賞状読み上げ)

――この度は、炎上アワード受賞、おめでとうございます。

田端:ありがとうございます。「アワード」って、基本的には誉め言葉ですからね。まず、「炎上してる」って状態が、基本ネガティブに言われるのが、わからないんですよね。炎上できることも才能ですよ。ほとんどの人は、炎上したくてもできませんから。

――田端さんにとっての「炎上」とは、どんな定義ですか?

田端:世間的な「炎上」は定義できるんですけど、僕にとってと言われると、わからないんですよね。僕は客観的に見て、「炎上」していることも多いのかもしれないですけれども、たぶんほとんどのケースで「賛否両論」だと思うんですよ。五分五分というか。

――「炎上」を繰り返すうえで、精神的なダメージはないんですか?

田端:ないです。なにがどうダメージなのかがわからない。一切ツイッターのリプライが来なくなって、スルーされ続けたほうが、僕にとってはダメージですよ。「もうちょっと上手いこと言えたつもりなんだけどな。スランプだなぁ」みたいな。
胸に手を当てて、「なんか悪いことしたかな」と思うと、「そんなに悪いことしたかなあ、僕」と。いろんな人が、僕の主張や考え方に様々に感想を持つことも、当然自由ですよ。全員が、僕の考えに従うべきだ! とかは全く思わないし、いろんなことを思う人はいるよね、と。僕にとって炎上とはそれだけですよ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中