2019年 12月 13日 (金)

吉田沙保里、「変化球」質問にも真剣勝負! ジョークまじりでマジ回答→視聴者「偉すぎ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   レスリング五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)が2019年1月10日、東京都内のホテルで現役引退会見を開き、報道陣から数々の質問を受けた。

   中には「変化球」の質問も飛び出し、場内の空気が緊迫する場面もあったが、吉田さんは丁寧に回答。その姿勢がインターネット上でも「偉すぎ」と称賛されている。会見に参加したJ-CASTニュース記者が、やりとりの一部を振り返る。

  • 会見する吉田沙保里さん
    会見する吉田沙保里さん

「(結婚の予定は)ないです」

   約200人の報道陣が集まり大注目となった引退会見は、質疑応答中心で進められた。緊張が走った質問が、「日本人プロレスラーで初めて性同一性障害であることを公表した朱崇花(あすか)さんについてのご感想と、LGBTについてどのようにお考えか。それと、ご結婚のご予定はあるか」というもの。吉田さん自身についてではない質問も含まれており、顔を見合わせて驚く記者の姿も見られた。

   吉田さんは「最初の2つの質問の意味がちょっとよく分からなかったのですが...」と一瞬困惑。だが3問目に対して再度聞かれると、

「(結婚の予定は)ないです」

と笑顔で即答。会場を一気に笑いに変えた。カメラマンらによるシャッター音が鳴り響いた。

   その約5分後には「芸人の江頭2:50さんがずっと吉田さんの追っかけをしていましたが、吉田さんは江頭さんのことを意識していましたか?」と、やや突飛な質問が飛び出した。場内では大きな笑いが起きたほか、怪訝な顔を浮かべる記者もいたが、吉田さんは、

「毎回五輪の会場で映像を見た時に、後ろに全身金のタイツを着ているとか、何かしら目立つ格好をされていたので、私も気にしながら見ていました」

と丁寧に語り始めた。「あ、もちろん戦ってるときは全然気にならなかったですけど」と一笑いとった後、

「試合が終わって映像を見たときに、『江頭さん、会場まで来て応援してくれていたんだ』と改めて知って、本当にうれしく思いましたし、遠いところまで足を運んでいただけて本当に感謝しています。意識というのは...あまりしていませんでしたかね。でも、北京五輪の時は道場まで来ていただいたのは覚えています。すごく応援していただいているのは改めて感じました」

と、具体的なエピソードを交えて真剣回答。濃い内容に、記者たちのメモを取る手も進んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中