2021年 4月 19日 (月)

吉村知事「うがい薬」騒動で「またか」 ドラッグストア店員から「罵声浴びせないで」と悲鳴

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「マスクの品薄のようなことが起こる状況ではない」

   なお4日の会見中、すでにうがい薬の買い占めが起きているとネットで報告されていることを報道陣が指摘。吉村知事は「製薬会社には、ある程度在庫はあるだろうという情報は得ている。できるだけ、薬局で品切れになれば供給してくださいと言っている」とし、経済産業省と協議して生産ライン増強の下準備もしていると述べた。

   この日の会見に出席した松井市長も「古くからあるうがい薬なので、増強ラインができれば量産できる。増強ラインを作るのにそんなに時間はかからないと確認している。皆さんが無理な買い占めをしない限りは、このうがい薬がなくなることはあり得ない」「このうがい薬は国内製造ができている。マスクの品薄のようなことが起こる状況ではない」として、冷静な消費行動を呼びかけた。

   また、吉村知事は翌5日の会見で、ポビドンヨードうがい薬は新型コロナウイルス感染症の「治療薬でも予防薬でもない」と説明。「唾液を介してコロナウイルスは広がっていく。陽性者やリスクが高い人がポビドンヨードうがい薬をつかうことで口の中のウイルスが減るから、感染拡大防止に寄与するのではないか。それで府民の皆さんに呼びかけた」と改めて前日の発表の趣旨を述べた。そのうえで、「必要な方に行き渡るよう買い占めなどは控えてください。現在メーカーに順次出荷をお願いしている」と呼びかけた。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中