2021年 8月 3日 (火)

「描いてもらうからには対価が伴うべき」 今や月間取引3億円...Skeb創設者が語るクリエイター地位向上への挑戦

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   イラストコミッションサービス「Skeb(スケブ)」をご存じだろうか。ファンが金銭を払ってクリエイターに即興で好きなものを作ってもらう「コミッション」という文化をサービス化したもので、好きな作家に「投げ銭」感覚でリクエストを行うことができる。

   2021年6月1日には、期間限定ではあるがサービスの手数料を完全無料化すると発表した。つまり5000円のリクエストを取引すると、クリエイターの銀行口座にそのまま全額入金されるのだ。この太っ腹ぶりにツイッター上では「どこで利益を得てるんだSkeb運営」「クリエイターファーストの精神、すごい...!」といった驚きの声が広がった。

   このサービスを運営する株式会社スケブ(東京都千代田区)の社訓は「作家とともに歩む」。同社代表取締役の喜田一成さんは、クリエイティブ環境の課題に取り組んできたことで知られている。

   J-CASTニュースは2021年6月7日、喜田さんを取材し、「クリエイターファースト」の精神に迫った。

  • 取材に応じてくれた喜田一成さんのアバター
    取材に応じてくれた喜田一成さんのアバター
  • 取材に応じてくれた喜田一成さんのアバター

「利益出すぎていたのでクリエイターさんに還元しよう」

   期間限定のものとはいえ、手数料完全無料化はSNS上で大きな話題となった。実施に至った経緯は、かなり突発的なものだった。

「テキスト(小説)リクエストの対応も実装する予定だったので、思い切って同時に実施しました。思いついたのは開催2日前です。 ちょうど弊社は7月が決算で、税理士さんからのレポートを見ていたら、利益が出すぎていました。そこで、クリエイターさんに還元しようと思いました」(喜田一成さん、以下同)

   これまでも条件付きの無料化は実施してきたものの、今回は条件もなく思い切って全て無料にしてみたそうだ。

   喜田さんは、「こんなに反応あると思ってなくって、当日サーバーへのアクセスも15倍くらいになりました」と話す。想定以上の反響を経てサーバーを増設したそうだ。クリエイターの登録者数も増大した。ニュースによってSkebを知った人や、小説リクエストを受注したかった人々が殺到したものとみている。

   こんな思い付きを即座に実施できるのは、喜田さん一人で立ち上げたサービスであるためだ。

   喜田さんは2018年11月30日に一人で「Skeb」を展開。するとクリエイターに有利な条件などが話題を呼び、2021年6月現在までに約6万人がクリエイター登録をした。総登録者数は120万人を超え、月に約3億円が取引される日本最大級のコミッションサービスとなっている。

   サービスが拡大してきたことを受け2021年2月12日、喜田さんは運営会社である「スケブ」の全株式を老舗出版社「実業之日本社」に10億円で譲渡し、同社の子会社とした。現在は子会社化に伴う手続きが行われており、手数料完全無料化はこの手続きが終了するまで実施予定としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中