2022年 5月 22日 (日)

反則連発の高校生に喝「ルール分かってないの?」 竹原慎二氏のガチ指導に「優しい」「重みが違う」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二氏(50)が2022年1月28日に公開したユーチューブ動画で、ルール無用の高校生に「真の強さ」を解いた。

   動画は「『井の中の蛙だよ』勝つために手段を選ばない高校生に竹原が本当の強さを教えました」とのタイトルで公開され、スパーリングやミット打ちを通して高校生に格闘技選手としての心得を伝えた。

  • 竹原慎二氏(写真:中井幹雄/アフロ)
    竹原慎二氏(写真:中井幹雄/アフロ)
  • 竹原慎二氏(写真:中井幹雄/アフロ)

サッカー、キックボクシングでも「辞めてくれ」

   今回の企画は、高校生の母が竹原に相談を持ち掛けて実現した。24日に公開した動画では、母が竹原に相談する様子が収められており、息子の言動に手を焼いている母がボクシングを通じて改心を望み、竹原との面会を依頼した。

   母によれば、息子は「結果が全て」「力が正義」との考えを持っており、たびたび周囲と衝突した。幼稚園から中学3年の秋までサッカーをしていたが、勝ちにこだわるあまりチームの仲間に暴言を吐くなどし、コーチから「辞めてほしい」と言われたという。

   その後、キックボクシングを始めたものの、ここでも周囲とうまくいかなかった。初心者に対して偉そうな態度をとったり、ジムの代表とスパーリングをした際に代表にケガをさせたりしてしまい、他の練習生とのスパーリングでケガを負わせたら困るとの理由で「辞めてくれ」と言われたという。

   竹原氏は今回、自らスパーリングを行うことはせず、プロを目指すジムの練習生にスパーリングの相手をさせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中