2019年 11月 16日 (土)

「純情」な男子は就活に不利!? 「女子の方が優秀」説を分析する

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今日のテーマは「男子学生」です。就職戦線では、なぜか評価が低い男子学生。

「採用段階ではどうしても、女子学生の優秀さが目立ってしまう」

とは、取材していてよく聞く話。

   女性を小ばかにするとき、

「だから女は~」

なんて言いますが、こと、就活ではその逆。

「だから、男子は~」

と言われています。しかも、言われていることに気付かないのも男子学生の特徴。気付け。

女子が男子を逆転、最近では10ポイント以上の差

やっぱり差があるな・・・
やっぱり差があるな・・・

   今(2015)年8月に発表された学校基本調査によると、全体(学部)での就職率は72.6%。しかし、男女別では、男子67.8%、女子78.5%。10ポイント差となるのは、2010年以降6年連続、女子が男子を上回るのは2000年以降、16年連続です。それ以前はバブル期(1990年、1991年)を除けば男子学生が上。1981年以前は、男子が女子を10ポイント以上引き離しているのが当たり前でした(最大は1959年の25.1ポイント差。全体79.0%、男子82.3%、女子57.1%)。

   それが2000年以降に逆転し、ここ6年は女子が10ポイント以上上回っている、これは一体どういうことでしょうか?

   諸説ありますので、1つ1つ見ていきましょう。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中