2019年 9月 18日 (水)

「寒さでiPhone死ぬ」 ネットに続々寄せられる「寒冷バッテリー切れ」の真相

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   さっき充電し終えたばかりのiPhoneが、もうバッテリー切れ寸前――こんな体験談がネット上に数多く寄せられている。寒さが厳しいこの季節、外で操作した際によく起こるようだ。

   ツイッターでも最近の冷え込みのせいか、「寒さで(iPhoneの)電源が落ちる」「(iPhoneは)寒さに弱いみたい」という「体験者」の報告が急増している。東京都内にあるスマートフォン修理店は「まず考えられない」と話すが、真相は...。

  • iPhoneは「寒さに弱い」?(画像はイメージ)
    iPhoneは「寒さに弱い」?(画像はイメージ)

外でバスを待ってるうちに電池残量が8%に

   4年にわたってiPhoneを使い続けた記者も、かつて似たような体験をした。手がかじかむほど気温の低い日、目的地を地図アプリで探しながら、人通りの少ない街中を歩いていた時だ。つい数分前に充電を終えたはずなのに、バッテリーの残量は「50%」と表示されている。

   一瞬不審に思ったものの、そのままスマホを外気にさらし続けた。すると、みるみるうちに残量が「30%」となり、わずか数分で「10%」以下に落ち込んでしまった。あわてて携帯充電器を差しこむと、ものすごい早さで充電され、あっという間に数十%まで回復した。

   記者と同じ体験をした人は多いのか、2016年1月14日のツイッターを見ると

「寒さでiPhone死ぬ」
「iPhoneが寒さに負けて電源落ちる」
「さっきまで(バッテリーが)50%もあったのに 外でバス待ってたらもう8%」

との報告が確認できる。すでに複数の個人ブログやまとめサイトでも取り上げられており、その多くが「(端末が)冷えすぎると、電源が自動的に切れたり、バッテリー故障の原因になったりする」と利用者に注意を呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中