2019年 7月 17日 (水)

ブンサテ川島さんの耳元で... 仲間が「『らしい』お別れ」報告

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ロックユニット「BOOM BOOM SATELLITES」のボーカル・ギターの川島道行さんが2016年10月9日5時12分、脳腫瘍で死亡した。47歳だった。公式サイトで11日、発表された。

   サイト上では、ベース・プログラミング担当の相方・中野雅之さんらが追悼コメントを寄せた。2人を知る音楽関係者もツイッターで哀悼の意を表している。

  • 亡くなった川島さんのツイッターアカウント
    亡くなった川島さんのツイッターアカウント

「沢山のファンに愛され、幸せ者です」

   公式サイトによると、通夜と葬儀は近親者・関係者のみで執り行う。後日、ファンに向けた「お別れの会」を催す予定。

   中野さんは公式サイトで、

「ようやく不自由な身体から解放されて、今頃は世界中を飛び回っているのではないかと想像しています。悲劇ではなく人生のゴールとハッピーエンドを手に入れた瞬間でした。今迄沢山のファンに愛され、歩んでこれた川島道行とBOOM BOOM SATELLITESは本当に幸せ者です」

というコメントを残した。自身のツイッターでも、11日に「とっくに心の準備ができていた筈なのに、何かが僕の心を締め付けて胸が痛くて痛くてたまりません」と胸中を明かした。

   ドラム担当のサポートメンバーとして2人を支えた福田洋子さんも11日、「9日の朝方、大阪のホテルで連絡を受けました」「ライブ後すぐに会いに行きました」とツイッターで明かした。

「川島さんはすっごく綺麗な、凛々しいお顔をしていました。 耳元に置いたiPhoneから、中野さんが音楽を流してあげてた」

と病室での秘話を振り返り、

「本当に本当に音楽が大好きだったからなぁ...。川島さん、すごくすごく頑張りましたね、本当にカッコよかったです...と伝えた」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中