2019年 12月 11日 (水)

嵐に「無責任」指摘で大荒れ それでも「逆によかった」のファン心理とは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アイドルグループ「嵐」が2020年末での活動休止を発表した会見で報道陣から出た「無責任ではないか?」という質問に、インターネット上では「意味分からん」「少なくともファンは思ってないと思う」などと批判が殺到している。

   俳優の石原良純さんら著名人も「無責任」質問に対し不満が爆発。一方で、この質問を「前向き」に捉える向きもある。

  • 「嵐」の桜井翔さん
    「嵐」の桜井翔さん

「『悪者』にされてしまう可能性もあると思うんですけど」

   嵐5人の会見は2019年1月27日に都内で開かれた。リーダーの大野智さんが「嵐としての活動を一旦終えたい。自由に生活がしてみたい」という意向があることを明かし、メンバー間での話し合いは17年6月ごろから続けられたという。

   約20年の日々を駆け抜け、押しも押されもせぬトップアイドルとして活躍している嵐。会見はグループとして納得のいく結論を導いたためか、5人とも穏やかな表情で進んでいたが、同じ記者による2つの質問で空気が一変した。

「多大な功績を残してきて『お疲れ様でした』という声もある一方で、やはり『無責任ではないか?』という指摘もあると思うんです」
「大野さんがこの決断の矢面に立つというか、『悪者』にされてしまう可能性もあると思うんですけど、他のメンバーの方は、大野さんが言ったから決めたというのではなくて、何か自分の中で実は区切りをつけたかった、みたいなことってないんでしょうか?」

   「無責任」「悪者」といった言葉を投げかけた質問に、ツイッターでは、

「なんで嵐が活動休止するにあたって、無責任とかいう発想が生まれるの?」
「無責任?? この記者の質問よ、意味分からん」
「いや誰も無責任だなんて思ってないと思うよ。ねぇ? 少なくともファンは思ってないと思うけど」

と怒りの声が殺到。波紋を広げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中