2020年 12月 1日 (火)

吉村知事「うがい薬」騒動で「またか」 ドラッグストア店員から「罵声浴びせないで」と悲鳴

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   ポビドンヨードを含むうがい薬によるうがいの励行を吉村洋文大阪府知事が会見で呼びかけた2020年8月4日から、全国的にうがい薬の品切れが相次いでいる。同時に、現場で消費者対応するドラッグストアの店員が悲鳴をあげている。

   J-CASTニュースの取材に応じた東京都内のドラッグストア店員は、吉村知事の会見前日に比べて「10倍ほど」の問い合わせが来たと話す。2月下旬に起きたトイレットペーパーが不足するとされたデマ騒動と「まったく同じ状況」。買い求める客の気持ちは理解しているものの、「落ち着いて行動してほしいということと、満足のいく回答が店舗側から得られなくても罵声を浴びせないでほしいと思いました」と疲弊した状況を明かす。

  • 吉村洋文大阪府知事(2019年2月撮影)
    吉村洋文大阪府知事(2019年2月撮影)
  • 吉村洋文大阪府知事(2019年2月撮影)

「残念ながら日本人はマスク騒動から何も学んでいなかったようです」

   吉村知事、松井一郎大阪市長、府立病院機構大阪はびきの医療センターは2020年8月4日の会見で、新型コロナウイルス陽性者41人を対象に実施した研究の結果を発表。ポビドンヨードうがい薬を使って1日4回うがいをした群は、しなかった群に比べ、唾液検体によるPCR検査での陽性者の割合が大幅に減ったという。

   吉村知事は「薬事法上、効能は言えない」と断りながらも、「ポビドンヨードうがい薬、代表的なのは『イソジン』だが、こういったうがい薬で8月20日まで集中的にうがいを励行してもらいたい。それによってどこまで効果が出るかは分からないが、何とか大阪での感染拡大を抑えていきたい」と、ポビドンヨードうがい薬の積極的な使用を推奨。一方で「不必要な買い占めはぜひやめていただきたい」とも呼びかけた。

   だが、この発表直後から、各地のドラッグストアでうがい薬を買い求める客が殺到。買い占め騒ぎが起こる事態になった。ツイッターでは陳列棚に客が密集する様子や、売り切れた棚の写真が相次ぎ投稿された。

   その結果、負担を強いられることになったのが小売店の店員だ。ツイッター上では「#ドラッグストア店員の気持ち」というハッシュタグの投稿が散見され、現場の店員が悲鳴をあげている。

「今日品出しをしていたら、突然イソジンと呟きながら、たくさんの人が来て、店中のイソジンが消えました。イソジンの有無の電話も鳴りやみません。高額転売がはじまりました。残念ながら日本人はマスク騒動から何も学んでいなかったようです」
「今日のイソジン騒動で、めっちゃ密になった。私達店員の感染リスクもさらに上がった 元々無かったものが更に入ってこなくなる。マスクパニックの時も同じやけど明日からまたオープン前に並んでるんやろなと思うとホンマにゾッとする 入荷未定です!の対応で仕事は進まない」
「マスク トイレットペーパー 体温計......次はなんですかと来たら、うがい薬ですか。理由はポピドンヨード?(編注:原文ママ)成分がどうだとか。100本近くある在庫が全て消えて......ひと家族1つで足りませんか?1日1本使いますか?買いだめですか?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中