2020年 6月 6日 (土)

野村克也さん

印刷

野村克也さん死去、愛妻・沙知代さんの元へ...SNS上でも悲しみの声広がる

   あの「ボヤキ」は、もう2度と聞けない――。

   プロ野球の南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天などでも監督として指揮を執った野村克也さんが死去したことが2020年2月11日、分かった。84歳だった。

1965年には戦後初となる3冠王に

   野村さんは1935年6月29日、京都府生まれ。峰山高から54年にテスト生として南海に入団し、その後はロッテ、西武で80年まで名捕手として活躍した。

   57年に初の本塁打王を獲得。63年に当時のプロ野球記録となるシーズン52本塁打を放ち、65年には戦後初となる3冠王に輝くなど、当時の日本球界を代表する選手となった。通算成績は3017試合に出場、2901安打、1988打点、657本塁打、打率2割7分7厘。MVP5回、ベストナインは19回受賞した。

[続きを読む]

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中